このガジェットでエラーが発生しました

2012年7月11日水曜日

イスラエルはユダヤ人の国家です。


イスラエルはユダヤ人の国家です

ユダヤ人という言葉の意味はユダヤ系の人々です。ユダヤ国出身の人々です。
ユダヤ国とはどこですか?地中海の東側であるイスラエル国である。
イスラエルの中心はエルサレム市とへブロン市の間、死海の西側です。
ユダヤ山系とユダヤ砂漠と呼ばれる。

第一のイスラエルの王国時代[紀元前1300-紀元前586]
祖先の時代
アブラハム様(avraham)は1人だけの神様に信仰することを誕生した。その神様は全ての世界を創造したと他の神がありません、例えば、太陽や月や雨それとも様々な像などは本当の神ではありません。
その神は無限と無死と形がない神です。アブラハム様が神様の命令でイスラエル国に行きました。あそこで、神様と契約を結ぶために、割礼しました。それから、現代までに、アブラハム様の男子が割礼します。
神様はイスラエル国をアブラハム様の子女に上げると約束した。後、アブラハム様が男女が多っかたので、神様はまたアブラハム様の息子、イツハク様(itshak)にもと彼の息子、ヤアコブ様(Yaakov)にまた同じ約束を繰り返した。
アブラハム様が奥さん、サラ様と一緒にベーシェバ(beer sheva)に暮らした。サラ様が死んだ後、へブロン市に大きい墓場を買った。その墓に後アブラハム様、イツハク様とヤアコブ様も埋められるので祖先の墓と呼ばれて、現代までユダヤ人の第二聖地である。
イツハク様の奥さん、リブカ様(rivka)はアブラハム様のシリヤ国に住んだ兄の娘でした
彼女のおかげで、イスハク様の下息子が長男、エサブ様(eisav)に代わりに神様の祝福を受けた。ヤアコブ様がエサブ様からシリヤ国に逃げて、お母さんの兄の家に暮らした。あそこでおじさんの姉妹、レア様とラケル様(lea and Rachel)と結婚した。彼は後で姉妹の二人の使用人とも結婚しました。ヤアコブ様が神様に名前がイスラエルに代わった。イスラエルに戻るとエサブ様と平和の約束をした。愛されたラケル様が出産中に死んで、ベット―レヘム(beit lechem)に埋めた。その墓はユダヤ教の第三聖地である。
イスラエル様の男女はレア様から:レウベン様(reuven)、シムオン様(shimon)、レビ様[levi]イェフダ様(yehuda,ぜブロン様(zvulon)とデイナ様[dina]イスラエル様の唯一娘である。
ラケル様から:ヨセフ様(yosef)とビンヤミン様[benyamin].ラケル様はビンヤミンの出産に死んだ。
ビルハ様[bilha]ラケル様の使用人から:ダン様(dan)とナフタリ様(naftali)。
ゼルパ様[zilpa]レア様の使用人から:ガド様(gad)とアシェル様(asher.
デイナ様がシェケム市[現代のナブロス市]の王子に暴行されたがシェケム市の王がイスラエル民と平和に暮らすために、イスラエル民に参加すろことを約束して、全市民が割礼しました。しかし、レベン様とシムオン様とレビ様がそれを無視して、全市民を殺した。
そのせいで、イスラエル様があの3人に信頼を失った、次のイェフダ様を長男にした。それから、現代まで、その民族、ユダの民族はイスラエル民の一番大事な民族であう。
ラケル様が死んだ後にイスラエル様が彼女の息子にとても主張したので、兄弟がヨセフ様に妬んで、ひそかに奴隷にしてエジプト人に売れて、イスラエル様にヨセフ様動物に食べられたと言った。
ヨセフ様がエジプトで奴隷からエジプト王の部下の家の管理者になった。部下の奥さんと喧嘩になったので、刑務所に入れられた。あそこで、王の二人の部下の夢を意味を解決し。
その部下が刑務所に出て後エジプト王が夢がありました。部下がヨセフ様を呼んだお夢を解決した。ヨセフ様は飢饉になる事を預言した。ヨセフ様が王に食糧の収納の管理者に任務された。イスラエル国にも飢饉になったので、イスラエルの息子達がエジプトに食糧を買うに来た。
ヨセフ様は結局兄弟に自分がヨセフだと表して、兄弟とイスラエル様と嬉再開して、皆はエジプトの西部に住んだ。ヨセフ様の二人の息子、メナシェ様(menashe)とエフライム様(efraim)は二つの民族いなった。
エジプトの救出
イスラエル民は210年間エジプトに暮らしました。上手な兵隊と職人でしたので豊かに生活したけれど、エジプトの新王はヨセフ様の事を知らずに、全てのイスラエル民を奴隷にして、全ての長男を殺した。レビ族のある家の長男が殺されないために、箱に入られて、川に流れて、王の娘に手に入れてモセ様[moshe]と呼ばれて、エジプト人に教育された。大人になると、自分がヘブライ人と発見してから、砂漠に逃げた。砂漠でのシナイ山に神様にイスラエル民を救出する事を任務された。モセ様がエジプトの王に、イスラエル民を奴隷性から解放して、故郷のイスラエル国に帰る事をお願いした:*私の国民を放して!*t言った。
エジプトの王がモセとモセの兄、アアロン様の願いを無視して、イスラエル民の負担を2倍に上がった。
だから、神様が全てのエジプト国を十のい災いで打ってた:
1:川が血になった。一週間後川が元に戻した。
2:全国が蛙だらけになった。蛙が消える事をさせたらイスラエル民を解放すると、王がモセに約束したが蛙を殺す後王が約束を破った。
3:ぶよを放つ。エジプトの魔術師がぶよを消えることできんかた。 一週間後自然に消えた。
4:危険な動物が全国に放つ。
5:全てのエジプトの農業用な動物が病気で死んだ。
6:皮膚の病気を放つ。。
7:雹を落ちさせる
8:イナゴを放つ。今回王がイスラエル民の男性だけを解放に賛成したので、神様が一日中お東風をさせて、イナゴが空真っ暗にした。イナゴ消えたか後でエジプトに野菜や木が一つも残らなかった。
9:真っ暗になった。三日間まっくらでした。今回王がイスラエル民を解放に賛成したが、イスラエル民の牛羊など放さない。
10:全てのエジプトの長男をころした。イスラエル民の長男が殺されないために各家お入り口を血の印を掛けた。それ後だけ、王が賛成して、救出が始めた。
エジプトの奴隷性からイスラエルの約束の国に帰る前の晩に準備した。その事を、その日から現代まで、ユダヤ人がその晩と全部の救出の話を過ぎ越しの祭りお祝いします。それはユダヤ教の一番大事な祭りです。
イスラエル民が砂漠に出たけど、王がまた約束を破って、逃げるイスラエル民を猛追した。イスラエル民が海まで着いた。神様が海を分かれて、イスラエル民が安全に超えたが追求したエジプト軍が海の中の土入ってから、神様は海を元に戻して、全てのエジプトの軍は海潜んで死んだ。
ユダヤ人はその日から現代までその事を毎日のお祈りと安息日のお祈りに記念します。
救出の49日間後シナイ山に着いてから三日間準備した。
神様がモセ様十戒(トーラ]を呼んだと神様がイスラエル民と契約を結んだ。
ユダヤ人はそれから現代まで、トーラを受けた事を週の祭りに記念します。
モセ様はイスラエル国に戻る前に、イスラエル国の軍隊と経済的な状態を把握するために、12人の密偵を送った。40日間後密偵が帰るけど、10人がイスラエルに住んでいる国民が強いすぎるのでエジプトに帰るほうがいいと国民を説得した。。二人だけ、カレブベンーイェフネ(kalev ben yefune)とイェホシュア ベン ヌン様(yehoshua ben nun)はイスラエル国がとてもいい国だと住んでいる的を勝つ事は神様のおかげでできると言った。だから神様がイスラエル民を罰して、40年間に砂漠に歩くと、全てのエジプトから出た大人が死ぬまで。イスラエル国がハチミツと牛乳が溢れているくにだと言った二人だけがイスラエル国に入る事をできた。
砂漠でイスラエル民がモセ様が神様に受けた十戒を運んでいる箱を作った。その箱は約束の箱でした。十階の箱を神殿の天幕に置いた。その天幕はミシュカン(mishkan)と呼ばれた。中に、約束の箱、使用机、メノーら(大きいロソク台)。アアロン様の家族はミシュカンのお祈り、祝福の管理者の任務にされた。その家族はコヘン(cohen)と呼ばれて、第一と第二のエルサレム市の神殿に任務して、現在までも、全てのコヘンという氏名はその家族の子女です。
モセ様一年間のミシュカンの税をさせたとミシュカンで70人の裁判管理者。
砂漠でイスラエル民がアマレク人(amalek)と戦えた。ヨーダン川の東川でへシュボン(heshbon)市の王、セイコンとバシャン(bashan)地方の王、オグと戦いえて勝った。それ後ムハブ(muhav)の王とミデヤン(midyan)の王と戦った。
その40年間の砂漠の時代に、ユダヤ教の基本伝統が誕生した:
安息日の厳しい規定
食物の厳しい規定
お祈りの規定:神様に信仰する事の発表、ツツト(tsitsit)、タリト(talit)とテフィリン(tfilin)というお祈りに用の服です。
社会的な規定:正義を認めるために、社会の弱い方を保護する(貧乏、障害者、未亡人、遺児、と普段の女性と子供など)、犯罪の罰、結婚と離婚の規定、普段の社会の規定(うそ、うその誓願、詐欺などを禁止します)と他のユダヤ教の大事な祭り、たとえば、謝罪の日。

イスラエル国の征服

イスラエル国に入れる前に、レウベン、ガド、とメナシェ民族の半分はヨーダン川の東側に征服された土地に残された。モセ様はイスラエル民に最後の祝福をして、イェホシュアーベンーヌン(yehoshua ben nun)様を征服の任務にされた。モセ様がネボ山に死んだ。
イェシュア様はまずイスラエル国に密偵を送ります。
イェホシュア様とイスラエル民と約束の箱を持っているコヘン達はヨーダン川を越えた。神様が川の水を分かれて、皆は中に安全に歩きまして、ギルガル(gilgal)までヨーダン川に拾った12個石を持っていて、お祈りの場所にした。ギルガルでイスラエル民がもう一回割礼したと過ぎ越しの祭りをお祝いした。
イェホシュア様の軍隊は31のそれぞれの王と戦いて、征服したイスラエル国をイスラエル民の民族に従う土地を分かれた。
まずイェリホ市(yericho)を征服した。イスラエル民が約束の箱を持っていて、イェリホ市の守備壁を回した。六日間に毎日回して、大きい音を鳴らした。
七日目に7回まわして、大きい音を鳴らして、神様が壁を崩れた。
イェリホ市の後にアアイ市を征服して、ギブオン人と平和の約束をしたので、イスラエル民は5人の南の王と戦いた、例えば、エルサレム市とへブロン市の王。
イスラエル民は敵を夜中の急攻撃をした、敵が逃げた中に神様が空から大きい石を落した。後で全国のそれぞれの24人王がイスラエル民と戦えた。例えば、ハツオル市(hatsor.
イェホシュア様が死んだ時まで、全てのイスラエル国は征服された。レバノン山系からネゲブの砂漠までペリシテイ人(plishtim)の5つ町を以外に、全てはイスラエル民の民族お土地になった。
士師の時代サムエル様まで
イェホシュア様の死後イスラエル民の民族1人の王がありませんでしたので、各民族は自治的に各地を支配した。そいう敏感がある状態のせいで、イスラエル民はクナアン人に悪い影響を受けて、神様の法律により禁止された行為しました、例えば、様々な像に供える。その事は神様を怒った、イスラエル民の敵がイスラエルを占有した。奴隷になったイスラエル民は神様にお祈りした、謝罪すると、神様はある士師を任務させて、イスラエル民を解放します。
しかし、イスラエル民がまた他の神に供えたので、また同じことが繰り返した。それは士師の話
:アテニエル ベン ケナズ(atniel ben knaz)ユダ民族出身でした。
イスラエル民は8年間アラム王に占有されて、アテニエルの指揮に解放されて、40年間の平和になった。
:イスラエル民は18年にムハブ人に占有された。エフドーベンーゲラ(ehud ben gera)はベンヤミン民族出身でした。彼は、ムハブの王を暗殺したとムハブと戦争した後80年間の平和になた。
3:シュマガルーベンーアナト(shmagar ben anat)は一年間だけ士師でした。その時代から、イスラエル民がぺリシュテイ人の軍隊的な影響で脅迫された。ペリシュテイ人が鉄制の作り方の知識があったので、イスラエル民を簡単に征服した。シュマガルはただの棒で600人ペリシュテイ人を殺した。
:預言者のデボラ(dvora)はナフタリ民族出身でした。ハゾル市の王はイスラエル民を征服したので、デボラはバラクーベンーアノアム(barak-ben-avinoam)を任務にした。
バラクはナフタリとゼブロン民族から8000人の軍隊を募集した。タボル山の試合で、夏にないはず大雨が落ちたので、ハゾル軍隊の900台の馬車が泥に止まった。後、40年間の平和になった。
:ミデヤンの軍隊はイスラエルを占有下、イスラエル民を脅迫した。
ギデオン(gidon)はメナシェ民族出身でした。神様の命令で、3万2千人のアシェル、メナシェ、ぜブロン、とナフタリ民族の軍隊を募集した。ギデオンは夜中の級攻撃の作戦のために300人だけを利用した。支配で、的の軍隊を巻き込めて、各兵隊は火棒を持ていたので、敵がイスラエル民の軍隊が大勢と思うて、慌てて逃げた。
勝つ後にイスラエル民はギデオンを王にしたけど、彼は断った。40年間の平和になったが、死後、イスラエル民はギデオンの息子、アビメレク(avimelech)を王にした。彼は70人の兄弟を虐殺して、シェケム市の王になった。ギデオンの下の息子が虐殺に逃げたので、彼の影響で、イスラエル民が反乱して、アビメレクを殺した。
6:トラーベンープア(tola ben pua_)はイサスカル民族の出身でした。彼は32年間イスラエルを支配した。
7:ギルアドのヤヒル(yahir of the gilad)は、東側のメナシェ民族出身でした。彼は22年間士師でした。
:ギルアドのイフタク(iftah of the gilad)は東川のメナシェ民族出身でした。
アモン人がイスラエル民を占有したので、彼は任務されたて、アモン人を攻撃した。しかし、勝つ後にエフライムの民族が戦争に参加されなかったので怒った。仕返しでイフタクを攻めたので、イフタクの軍隊がエフライム人の4万2千人を虐殺した。
9:イブサン(ivtsan)はユダ民族の出身でした。ベイト―レヘム市から7年間支配した。彼は60人女子があった、皆を他の民族の相手と結婚させた。
10:エイロン(eilon)はぜブロン民族の出身でした。10年間士師でした。
11:アブドンーベン―ヒレル(avdon ben hilel)はエフライム民族出身でした。8年間士師でした。
12:シムション(shimshon)はダン民族の出身でした。イスラエル民はぺリシュテイ人に占有され、シムションは1人でペリシュテイ人と戦いた。
彼の誓願は髪の毛を切れずに、酒も禁止にした。だから、とても、強くて大きいひとでした。
彼は普段の指揮者ではないでしたけど、彼の勇気はイスラエル民を強い影響させた。
彼はペリシュテイ人の愛人があって、それでペリシュテイ人と喧嘩になった:
1:彼はペリシュト人の畑で300匹狐を放した。各狐の尻尾に火棒を結んで、全ての畑を燃やした。ペリシュテイ人が仕返ししたので、彼はロバの骨でペリシュテイ人を打って、1000人殺した。
2:ペリシュテイ人に逃げるとアザ市(aza)の門を抜き出した。
3:ペリシュテイ人の愛人に力の秘密を表した。彼女がひそか彼の髪の毛を切って、力をなくした。力ないから逮捕された。それは、ペリシュテイ人に対してとてもうれし事だから、神社で大会して、取れたシムションを展墓した。シムションは仕返しで、また神様にお祈りした力を元に戻した。彼は神社の基本壁を崩れて、大勢な終えリシュテイ人と一緒に死んだ。
ビニャミン民族の戦争
あるレビ民族の人は愛人の暴行と殺害事件のせいで、全てのイスラエル民がベンヤミン民族と戦った。ベンヤミン人はとても上手な兵隊でしたので、始めにイスラエル民が負けたが、三回目に戦争で勝って、全てのベンヤミンの民族を虐殺した。600男性だけ残った。
戦争の前に、ベンヤミンの民族と結婚しないと誓願したので大変な問題になった。解決は、勝つ前にヤべシュ―ギラド(yavesh giladno)人が戦争に参加しなかたので、全ての市民を虐殺して、400若女性生き残ったベンヤミンの男性と結婚した。残っている200人男性はシロ市(shilo)の祭りに踊る畑に踊る女性の中に200人を誘拐させた。それから、ベンヤミンの民族が生き残っていた。

アリ大コヘンの士師
その間にイスラエル民はペリシュテイ人と長くて難しい戦争が連続した。
アリはシロ市のミシュカンで務めたけれど、戦争のせいでシロが崩れた。戦争で、現場に持っていた約束の箱はペリシュテイ人に取られた。アリはその事を聞くと、死んだ。
サムエルの士師
サムエル様(shmuel)はイスラエル民に王を任務する事を頼まれた。
同時に約束の箱はまだペリシュテイ人に取られたが、その箱は、ペリシュテイ人の町に病気を放したので、イスラエル人に反した。
サムエル様が、前の士師と同じ意見で、神様はイスラエル民の王ので、人間の王はいらないと言ったけど、イスラエル民が、ペリシュテイ人と戦うために王が欲しかった。

イスラエルの国王の時代
シャウル王(shaul)紀元前1047年―1007年
シャウル王はベンヤミン民族の出身でした。彼はサムエル様に選ばれた。後で当選でまた選ばれた。
まず、シャウル王がギルアド地方をアモン人の占有に救った。60万人の軍隊をを募集して、アモン人朝の前に攻撃した皆をころした。
次、ペリシュテイ人の戦争を連続した。ペリシュテイ人が全ての鉄作業を指摘したので、イスラエル民が鉄の刀か棒なかった。イスラエルの軍隊は適当な農業道具を利用した。
ミクマシュ[michmash]の試合で、シャウル王の息子、ヨナタン様が勝ってにペリシュテイ人の軍隊の後ろから攻撃した。驚いたペリシュテイ人が慌てた、イスラエルの軍隊が前から攻撃して、勝った。それから、イスラエル民とシャウル王が鉄を手に入れて、固定軍隊を設立して、敵を逃がした。
それ後、シャウル王がアマレク人を攻撃した。神様の命令は全てのアマレク人を殺すと言ったけど、シャウル王は皆を殺さなかった。だから、神様とサムエル様はシャウル王に不期待になって、ダビド様を王の任務にした。
ペリシュテイ人がまた戦争を始めた、大きい軍隊をエラ谷に合わせた。今回ゴラヤト様という巨人が参加した。彼は、イスラエル民の1人と試合したかったけど、イスラエル民の中に1人でも戦う勇気がなかった。たまたま、同じダビド様が現場にいる兄弟を訪問した時に、挑戦に賛成した。彼は、石5個を拾って、ゴラヤト様と戦って、石をゴラヤト様のおでこに突入させて殺した。
ダビド様が巨人の頭を切って、イスラエルの軍隊はペリシュテイ人を逃がした。
ダビド様は早めに全国に英雄になった。イスラエルの女性が嬉しくて踊るいたり歌うた:シャウル様は1千人を打つが、ダビド様が1万人を打つのだ。ヨナタンン様とシャウル王の娘、ミカル[michal]様でも、ダビド様をとても好きになった。しかし、シャウル王はダビド様が彼に代わりに王になると思ったので、ダビド様を逃がした。シャウル王がダビド様を探したけど、ダビド様と彼の英雄軍がいつもシャウル王の一歩前でした。ヨナタン様もダビド様に助けた。
シャウル王とヨナタン様はペリシュテイ人とギ―ボア山の戦争で死んだ。

ダビド王[david]紀元前1005年―970年
ユダ民族の出身でした。髪の毛の色は赤色でした。
シャウル王の死後、へブロン市にユダの王になった。残っているイスラエル国はシャウル王の下息子、ヒシュボシェト[hish boshet]様に支配された。彼とシャウル王の従弟、アブネルベンネルの軍長[avner ben ner]ユダ国と戦えた。
2年間の戦争後、アブネルベンネル様がダビド王と平和の約束したけど、ダビド王の軍長、ヨアブベンツリャ様(yohav ben tsuriya)は殺された兄のため、アブネル様を殺した。後で、ヒシュボシェト王でも殺された。ダビド王が殺人を殺した。
シャウル王家から誰も残らないので、ダビド王がイスラエル民にイスラエル国の王に任務された。
まず、彼はエルサレム市を征服して、イスラエル国の新しい都市にした。
次、レバノンのフェニキャ人と貿易の関係を強くした。
後、ペリシュテイ人を完全に勝った。
それから、約束の箱をエルサレム都市に運ばれた。
ダビド王と彼の軍長と彼の姉の息子、ヨハブ様はムハブ国を征服した。
負けたムハブ国はアラムの諸国の応援を呼んだ。アラムの諸国とエドム軍とアモン軍がイスラエル軍に負けって、イスラエル国に征服された。

ソロモン王shlomo ben david king of Israel)(紀元前971-紀元前928)
ソロモン王の時代は歴史的にイスラエルの最高の時代。聖書でイスラエルの平和が現れます*イスラエルの子供が平和と穏やかに暮らしている*トかいてある。
まず、ソロモン王様がエルサレム首都に神様に素晴らし神殿を建てた、モセ様が神様から受けたの法律の二枚の石を入れった。それからイスラエル人毎年3回神殿ニお祈りに行っててきました。
40年間ソロモン王様がイスラエル国を指導した。エギプトの砂漠~イラクの川まで大きな国を支配した。ソロモン王様が大事な道を支配したので貿易から利益もあたた。その道のちかくの道を強くにした、立てば 北であるのハツォル市、南であるのゲゼル市、西であるメギド市。南の港のエイラト市から船でアフリカの金ト銀を持ってきました、西であるの港ヤファ市から地中海の国々まで行った。
ソロモン王様の時に国が盛り上がったけれど、税の負担が国民にたいして重かったので、ソロモン王様が死んだ後にイスラエルがユダとイスラエルに分かれた。




ユダ国王     
                
レカブハム(rechavham928-911
彼のせいでイスラエル国王が分立されて、ユダ族とベンヤミン族とシモン族とレフベン族はユダ国でした、北の民族はイスらエル国王になった。北の民族はヨセフ家のメナシェとエフライム族、イサカル、アシェル、ぜブロン、ナファタリとダン族でした。彼の時代にイスラエルと戦争したうえに、エジプトの王はユダを攻撃した。
アビヤム(aviyam)(911-908
彼の短い時代にユダとイスラエルの戦争が連続した。
イスラエルの軍隊は80万人でしたが、神様のお陰でユダの軍隊の40万人は以外と勝った。
アサ(asa )(908-867
彼の長い時代の始めに、イスラエルの戦争が10年間ぐらい辞めた、エジプトはまたユダを攻撃した。しかし、神様のお陰で、エジプトの100万人の軍隊はユダに負けた。
同時に、イスラエルに王が変わりがちでまた戦争が始めた。今回ユダは北のアラム国と同盟しテイスラエルを攻撃した。
イェホシャファト(yehoshafat)(867-846
彼の時代にユダの軍隊は100万人以上でしたとイスラエル国とピニキャと同盟して、アラムト戦った。同盟のお陰で、貿易が盛り上がった。
しかし、ユダとイスラエルはアラムを勝ってなかった、エドムとムハブも反乱した。
そして、彼はエルサレムに最高裁判を設立して、それぞれの町に裁判を任務した。
イェホラム(yehoram)(846-843)
彼は短い時間ユダ国を低迷させた。まず彼の奥さん、ピニキャのアタリヤに支配された。そのせいで、彼は全ての家族を殺した。
隣の砂漠の国とガザのピリシチムは反乱して、エルサレムまで攻撃して、全ての家族を殺した。1人だけの子供が残った。
赤地や
アハゼヤ(achaziya)(紀元前843-842
イェホラムの息子は一年だけ支配した。22歳にエルサレム民に王にさせた。彼もイスラエルの王と同盟したが、イスラエルでの反乱で殺された。
アタリヤ[atalia](紀元前842-836)
アタリヤはイスラエルの王アクハブとピニキャの王の娘、イぜベルの娘でした。
彼女はエルサレムにピニキャの宗教を優先して、アハゼヤの家族を殺したが、1人の息子はコヘン人に隠された。
イェホシェバ、アハゼヤの姉はヨハシュを隠した。7年後、彼女の旦那、イェホヤダ大コヘンはアタリヤを反乱した。その反乱で、ユダの普段の国民と軍隊の兵隊でも参加したので、アタリヤはすぐに殺されて、ヨハシュに変わった。
ヨハシュ(yohash(紀元前836-798)
7歳でしたので、大人になるまでにイェホヤダ大コヘンに管理された。
ヨハシュはエルサレムの神殿を修理と改善した。
しかし、イェホヤダの死後王がイェホヤダと喧嘩して、殺した。
それ後、アラムがユダを攻撃したから、王が神殿の全ての宝をアラムに渡した。
王は結局、暗殺された。
アマツヤ(amatsiya(紀元前798-769)
彼はまずお父さんを暗殺した人々を殺した。それ後30万人の軍隊を集まって、エドムを攻撃した。変えはイスラエルから10万人の愚な知を借りたけど、結局その軍隊を利用しなかた。
エドムの大分を勝つ後、そのイスラエルから借りた軍隊はユダを攻撃したので、ユダとイスラエルはまた戦争になった。今回、ユダの方が弱かったので、また王はエルサレムの神殿からすべえのたからをイスラエルに払った。
失敗だらけでしたので、アマツヤは15年間ラキシュ[Lachish]市だけを支配した。同時に彼の息子、ウジヤはエルサレムからユダを支配した。
ウジヤ[uziya](紀元前785733)
16歳から王になって、全ての国民に選ばれた。
彼はエドムを完全に征服して、エイラト市をユダに戻しった。エイラト市カラ大事な貿易線があるので、ユダの経済が盛り上がった。
次、ペリシュテムの町を征服して、エジプトまでの大事な湾岸の貿易線を支配した。
後、ヨーダン川の東側でアモンを征服した。
王が砂漠で多くの城を建てた。貿易線を守ると新町もウィラトとネゲブ砂漠とガザの地方で設立した。彼は軍隊を改善して、新機会を手に入れた。
王は皮膚の炎症の病気になったので、息子と支配した。
ヨタム[yotam](紀元前758743)
彼はアモント「砂漠の民を征服して、イスラエルと一緒にヨーダン川の東側に新町を建てた。ユダの南と西も新し町と城を建てた。
アハズ[achaz]]紀元前743727
彼の時代にイスラエルとアラムは同盟して、ユダを攻撃した。イスラエルはエルサレムを占有できなかったけど、1日中12万人を虐殺して、20万人を誘拐して、ショムロンに追放した。
しかし、イスラエルの人々はその大変な事に驚いて、全てのユダヤ人をイェリホ市に反した。
同時に、アラムとおペリしてムの軍隊はネゲブとエイラトをユダから占有した。
仕方がないユダは、アシュル帝国に応援を頼んだ。
アシュルはアラムを占有して、イスラエルの北文を追放した。それからユダはアシュル帝国に税を払う。
ヘズキャ(chezkiya(紀元前727698)
彼の時代イスラエル国はアシュル帝国に崩れた。多くのイスラエル人は遠い国に追放された。
王は残っているイスラエル人をユダに訪問して、一緒にぺサク祭りをお祝いした。
701年王は他の国とアシュル帝国に反乱した。ユダの多くの町が崩れるけど、アシュルの軍隊はエルサレムの前に病気で死んだ。
メナシェ(menashe(紀元前697642)
12歳から王になったので、ユダはアシュル帝国に税を払った。
彼はユダの崩れた街を修理して、イスラエルでも新町をたてた。
アモン(amon)(紀元前642640)
彼の短い時間エルサレムの神殿は廃棄されたので、国民は彼を暗殺した。
ヨホシヤウ[yohoshiyau](紀元前640609
彼の時代アシュルは弱くなったので、ユダはもとイスラエルの土地を征服した。
609年にエジプトとアシュルはバビロンと戦った。エジプトの軍はイスラエルに近かったので、ユダに攻撃されて、ユダの王ガ殺された。
イェホハハズ[yehochaz](紀元前609
ヨホシヤウの第4息子でしたが、3ヶ月後エジプトの王に誘拐されて、兄に変われた。
イェホヤキム[yehoyakim](紀元前609598
バビロンはアシュルの帝国を崩れて、エジプトはエジプトに戻った。バビロンはアシュケロン市を完全に崩れたので、ユダは3年間バビロンに税を払った。
599年に、バビロンとエジプトの戦争が終わったので、ユダは反乱した。バビロンは砂漠の民族と戦争したので、アラム、ムハブトアモンの軍隊をユダに派遣して、王を追放した。
イェホヤキン[yehoyachin](紀元前598
彼3カ月だけ支配した。バビロンはユダを攻撃して、ユダの職人を追放した。王はバビロンでユダヤ人を導入した。
ツェデキヤウ[tsedkiyau](紀元前598586
彼はヨホシヤウの息子でした。しかし同時にバビロンでイェホヤキンはユダの王でした。
594年にバビロンはペルシヤと戦争したが、エジプトとユダと他の国は反乱を計った。
586年にバビロンの軍隊は全てのユダを占有して、エルサレム市とエルサレムの神殿を完全にくずれて、全てのユダヤ人をバビロンに追放した。しかし、ベンヤミンの地方のユダヤ人は残した。残ったユダの貧乏ノ人々は一旦にゲダリヤウに導入された。彼はバビロン帝国にユダヤ人の指揮者の役に任務されたが、他のユダヤ人に暗殺された。ゲダリヤウの暗殺は皆ノユダヤ人に反対された上に、バビロンお仕返しの恐れがあったの、皆はエジプトに逃げた。538年にバビロンの帝国はペルシヤ帝国に変わって、ユダヤ人はイスラエルに戻るノ許可をうけて、第2の神殿を建てた。
セルバベル(zrubabel)(紀元前538-516)
彼はユダの王、イェホヤキンの孫でした。538年ペルシヤの王、コラシュに任務された。
彼は5万人ユダヤ人を導入して、516年まで第二神殿を建てた。
エズラ[ezra](紀元前457)
彼は457年にペルシヤの王にユダヤ人の指揮者に任務されて、イスラエルに戻った。
彼はヘブライ語の字王アシュルノ字に変わって、月の名前もバビロンの名前に変わった。
ネケミヤ[nechemia]紀元前445
彼はペルシヤの王の経済の管理者でした。445年にイスラエルに戻った。彼は導入者の権利ガ会ったので、エルサレムの守備壁を改善した。彼はユダヤ人を42組に含まれて、52人日間守備壁を改善した。12年間ユダを導入して、ペルシヤに戻ったが、431年まだ呼ばれたユダの戻って死ぬまで指揮者でした。ネケミヤはアモンノトビヤ、ショムロンのサンブラトと戦った。その二人はネケミヤを4階暗殺未遂した。
 第二ユダヤ王国時代[紀元前167-紀元後66]
紀元前167年ユダヤ人が独立にしてユダヤ教のミシュナ(Mishna)本を書くこと始めた。
反乱と独立を再生した家族はハシュモナイ家。あの家族はエルサレム市の神殿で務めたレビ人。(levi.
ギリシャ系のセレブクス帝国はユダヤ教の法律を禁止し[たとえば割礼と安息日]、ユダヤ人を迫害し、神殿の中にギリシャの神の像を入れたのせいで全てのユダヤ人が反乱して、ギリシャ軍を逃がした。それからハシュモナイ家は全ての国を支配した、残っているエドムとクナアンの民族をユダヤ教に強迫した。
ユダヤ人になったエドム人から次の王家が出た:ホードス家。その王家が紀元前40年から紀元後35年までローマ帝国と同盟の強い関係を結んだ。例えば、ローマの有名なジュリヤス―シザルとオゴストスとクラデユス(julyus ceazar,augostus,cladiyus)はホードス王家が強い関係があった。ホードス王がケサリャ市とチベリヤ市を設立した、市名はローマのシザルによりにした。
第二神殿の時代にユダヤ教の最高裁判はサンへデリン(sanhedrin)と呼ばれた。その裁判の管理者と裁判長の話から正義と道義が教えますラビの中に有名なラビはヒレルとシャマィとベンーズマでした(hilel,shamai,and ben zuma)。
紀元後66年から77年にユダヤ人がローマ帝国を反乱で独立と神殿が崩れたがユダヤ人が隣のヤブネ(yavne)市で勉強を連続した。しかし、多くのユダヤ人がヨロパへ追放されて、奴隷と売春にされた。
135年にローマ帝国はユダヤ教の割礼の事を禁止にしたので、ユダヤ人が、バーココバ様とラビーアキバ様[bar kochva and rabi akiva]反乱
した、エルサレムを解放した。
5年に独立をまた再生したけ何年後にまたローマ帝国に占有されて、全てのユダヤ国が崩れて、奴隷にされたユダヤ人がドイツとフランスまで運ばれた。残ったユダヤ人がイスラエル北部ガリル地方に住んで、ミシュナとタルムド(talmud)の勉強を始めた。しかしそれからユダヤ人がエルサレムに住む事が禁止された。アブ月の九日だけに神殿におの残ってい部分、嘆きの壁お祈りをできた。
ローマ帝国の占有時代(77-635)
ローマ帝国が325年からキリスト教に変わったので、ユダヤ人を迫害行為が増えた。
600年に東ローマ帝国とペーシヤ帝国の戦争の間にユダヤ人がペーシヤを支持して、エルサレム市に独立にしたが625年に東ローマの王,へーケリユスがペーシヤを攻撃して、エルサレム市を占有し多くのユダヤ人を虐殺した。
117年:東地中海のユダヤ人は反ローマの反乱をした。エギプト、キプロス、リビヤとイラクなど多くのロマン人を虐殺した。反乱の失敗で、ユダヤ人はイスラエレのロド市に逃げたけど、皆はローマ軍に殺される。
137年:ラビ シムオン べん ガムリエル(rabi shimon ben gamliel)はユダヤ人のナセイ(nasi)という、サンへデリン(sanhedrin)大裁判長 です。彼は。ヒレル家の出身でした。
138年ローマの王、ピウスは反ユダヤ人の法律を中止する。
150年:ラビ ヨハナン ハサンデラル[yochanan hasandla]が死んだ。彼はラビ アキバの生徒、ヒレルの孫、ダビド王から出った。彼から、1000年後ラビ シモン イツハキ[rabi shimon itschaki]が出った。多くのヨロパのユダヤ人彼から出った。
192年:ローマの王、コモドスの死後、ローマの戦争はイスラエルにも戦ったので、ロド市が崩れた。それら、ユダヤ人の中心はユダ地方からガリル地方に
移動する。
200年:イェウダ ハナセイ(yehuda hanasi)大裁判長はツェイポリ市(tsipori)でミシュナ(mishna)の6冊本の編集を終わります。各本は別の話題に関しての法律です。その法律は聖書とイスラエルのそれぞれの賢者の結論にもとずいて、日常生活の正し仕方を解決します。
210年:ラビ ヤナイ(yanai)はガリルのアクバラ市に暮らす。彼はアモライの第一第ラビでした。彼の時代にローマの税が高くなった。
211年:カラカラ、ローマの王、はイスラエルのユダヤ人ととても仲良くした、とくにユダ ハナセイと。
225-300年:ラビーヨハナン(rabi yochanan)とリシューラキシュ(rish lakish)はチベリヤ市からユダヤ人を指導して、エルサレム市のタルムド(israeli Talmud)の編集を始める。タルもドはミシュナに関しての説明と結論の文章です。
310年:ラビ ゼイラ(zira)はバビロンからチベリヤに来た。彼はアモライの第三第でした。
324年:ローマ帝国がキリスト教になったので、ユダヤ人を強く迫害した。
サンへデリンの会議は禁止になった。サンへデリンは毎月の会議で来月の祭りの時間を決めたけど、会議が禁止されたら解決できないので、サンへデリンの指揮者、ヒレル、はユダヤ教の新歴を発明した。この歴は月の周りを期待するアロガリタムにしたがので、外国とイスラエルのユダヤ人でも安心で書く祭りを同じ時間にお祝いできる。
しかし、同時に、ローマはユダヤ人に神殿の崩れた名日にエルサレム市に立入を許可した。
350:ラビ タンクマ((rabi tanchima)はゴラン高原に旧約聖書の最初の説明書を編集します。
351年:反ガーロス反乱:ツィポリ市、チベリヤ市とロド市は反乱して、エルサレム市を解放した。しかし、大分のユダヤ人は反乱に参加しなかた。反乱は1年間に消えたが、ローマ帝国は今回ユダヤ人を追放しなかた。
361年:ショムロン人の反ローマの反乱がしばらく成功するが、結局失敗になった。
362年:ローマの王、ユリアノス、エルサレム市のユダヤ人の神殿の再建を始めたが、363年死んで、次の王が再建を廃棄します。
370:ヨセ ベン ヨセ[yosi ben yose]はチベリャ市でお祈りの歌を書く。
380年:ラビ イェリマヤ(yermiya)はバビロンからチベリヤに来た、ラビ ゼイラの生徒になった、アモライの第4第でした。彼の細かい質問が有名でした。
430:イェネイ(yenei)はお祈りの歌を書く。
425年: 愛6ラバン ガムリエル(raban gamliel the 6)の死後、ローマの王がキリスト教の影響で、サンへデリンの裁判を閉じました。
476年:西ローマ帝国が崩れた。
484年:ショムロン人の反ローマの反乱が失敗します。
520年:ラビ マル ズトラ[mar zutra so of mar zutra]はバビロンからイスラエルに移民します。彼の家族はダビド王の家族でしたので、紀元前586年からのバビロンの追放の時代からバビロンのユダヤ人を導入した。
マル ズトラの父の時代に、ペリシヤ帝国はユダヤ人を迫害したので、ユダヤ人は反乱して、7年間ぐらい(511-518)バビロンの地方を独立に支配した。
反乱の失敗後、父が死刑されて、息子はイスラエルに逃げた。イスラエルに大歓迎されて、彼とこれからの息子と孫はイスラエルのユダヤ人を導入した。彼はイスラエルのユダヤ人にバビロンのタルムドを教えて、エルサレムのタルムドよりに優先にさせた。彼の後の導入者:息子:マルズトラ、孫、グリャ、後第4マル ズトラ、後ヤアコブ、後ミガス、後ネケミヤ、後アブデミ、700年まで位。
529年:ショムロン人の反ローマの反乱がまた失敗した。
535年:東ローマ帝国の王、ユステニヤンはユダヤ人を迫害して、ヘブライ語の利用を禁止した。            その時にシナイ反島ノ「近くのテラン島でアfるのユダヤ人が追放された。
550年:ラビ イェネイ(yenei)はチベリヤ市で多くのお祈りの歌を書きます。
570年:エリエせル ケリル(eliezer birbi klir)が多くのお祈りを書く。彼の歌はぺサクの祭りの本と他の大事なお祈りに入る。
566年:シオムロン人の最後の反ローマの反乱がまた失敗して、人口がかなり減った。
613年:ユダヤ人はササニド帝国と一緒に東ローマ帝国を反乱して、イスラエルを解放した。ユダヤ人の将軍はチベリヤ市のベンヤミンでした、5年間独立にエルサレム市とユダとガリル地方を支配した。
625-628年:東ローマ帝国のヘーラキリウス王はイスラエルを征服した。ササニド帝国を支持したユダヤ人と平和したけど、628年に王は約束を切って、ユダヤ人を虐殺した。多くのユダヤ人はエジプトへ逃げた。生き残ったユダヤ人はキリスト教に強迫された・ 同時に、アラビヤデ、イスラう教の預言者、ムハマド、はアラビヤのユダヤ人の全てを逆説した。

イスラム教占有の時代に[638年―1948年]
アラブ人の諸王国の占有時代(638-1099)
638年にアラビヤ国からアラブ軍が出てきて、全ての中東、北アフリカ、インドからスペインまで占有して、多くの人々をイスラム教に強迫した。
多くのユダヤ人がイスラエルに戻った、エルサレム市に暮らしたが多くのアラブ人の民族がイスラエルに移民した。イスラム教によるオマル法律があった:ユダヤ人とキリスト人がまず、土地を手に入れることは出来ない。新しく家や教会を建てることも禁止された。馬に乗る事も、刀を持つ事も禁止された。
アラブ人同士戦って頻繁に王が変わった。ウミヤ帝国からアバス帝国になったそれからトロンとファチム帝国に変わってきた。でも同時にアラブ軍が建って上げた都市ラムレ市とチベリヤ市多くのユダヤ人が住んでいた。748年大地震のせいでチベリヤ市で多くのユダヤ人が死んだ。その大地震からイスラエルのユダヤ人が外国のユダヤ人の寄付から生活をできた。オトマン帝国の占有の時代にすべてのイスラエルのユダヤ人が受けた支持は毎年全てのそれヨロパのユダヤ人から集金された。
922年イスラエルとバビロンのユダヤ人は時間の数え方に関しての結論のせいでほとんど別れた。サアデヤーガオン様[saadia gaon]のおかげで結論の解決できました。同じラビはヘブライ語の最初の辞書を書いた。その時代ぐらいチベリヤ市のユダヤ人は旧約聖書の表示を完全に決めた、ただし読み方と文書の分かり方をきめた。
638年:イスラム帝国はイスラエル国と全て中東を占有しますが、ユダ人はエルサレム市とへブロン市に戻る事を許可した。しかし多くのアラブ人は軍隊と一緒にイスラエルに 移民した。オマルの法律にはユダヤ人は特別の税を払う、新しい教会を建設は禁止された。刀などを持つ、馬を乗るなども禁止された。特別のマークを付けった。イスラム人は糧にユダヤ人の教会に立入できるが、ユダヤ人はモスコに立入はだめ。ユダヤ人の祭りは外でも禁止されて、お祈りは静かにさせた、嬉しくて歌を歌うも禁止された。墓を低くにした。しかし、イスラムの前に多くのユダヤ人はイスラエルにキリスト人に虐殺と追放されたので、イスラエルに戻るの強化を受けることを感謝し、オマルの人種差別の法律を黙認した。
オマル王がキリスト人に約束したに反対して、エルサレム市にチベリヤ市からのユダヤ人の70家をエルサレムに住む事を許可した。20人ユダヤ人の仕事はモスクを掃除の任務をした。これから毎年のスコト(sukot)祭りでオリブ山に特別な式がユダヤ人にされた。
639年:アラブ人の軍隊と一緒に病気が来て、2万人が死亡。大分アラブ人、例えばアラブ人の指揮者。
670年:イスラム教に変えたユダヤ人、イベン マヌビヤはアラビヤの千夜の話に多くのユダヤ人の有名な話を入れます。
691年:アラブ人は岩のドムのモスコを建設します。ドムの場所はユダヤ人の神殿の上です。
717年アラブ人はラムラ市を設立します。ラムラ市はロド市の近くでしたので、多くのユダヤ人がいった。
720年:セレネと言うシリヤのユダヤ人は自分がメシアク[イスラエルを解放する人]だと発表して、ユダヤ教の大事な法律を廃棄させてのが、イスラエルを解放することをさせたので、多くのユダヤ人は信じって、家と財物を売って、イスラエルに移民した。。イスラムの王、第2ヤジドは彼を逮捕して死刑した。死後、イスラム教の占有の法律はユダヤ人を迫害した。同時に、大きいな伝統を守らないユダヤ人の団体が残ったが、ラビ ナツライ ガオン(NATURAI GAON)のお陰で、反省したユダヤ人はユダヤ人の社会に戻った。
748年:イスラエルの北部で大地震があって、チベリヤ市に30教会が崩れた。
750年:ウミヤ王家に代わりにアバス王家になる。
755年:ラビ アカ ガオン(rabi acha gaon)がべビロンからイスラエルに戻る。その時代に、バビロンのユダヤ人のイェディバ[YESHIVA]と言うユダヤ教の伝統の学校は、それぞれの国のユダヤ人から多くの生活と伝統に関しての質問をきかせた。帝国に紙が中国から来たコトを利用して、バビロンの多くの返事を記載した。発表された本は外国のユダヤ人の生活を決めた。
780年:アナン べン ダビド(anan ben david)はアビロンからイスラエルに戻る。彼はカライ活動を誕生した。それは、聖書に記載される法律だけにユダヤ教の伝統を守る活動です。カライと普段のユダヤ人の違うは、ユダヤ人は聖書と口伝統[ミシュナとタルウド]の伝統を守る。
800年:ユダヤ人は反乱します。反乱の指揮者はイェキヤ ベンーイェルミヤ(yechiya ben yermiya)でした。アラブ人も参加したが、シリヤの管理者は反乱を消えた。
807年:ユダヤ人、アラビ人、とキリスト人でも反乱した。今回も反乱が消えた。
809年:アルスフ市(arsuf)のショムロン人はアラブ人に迫害された。
842年: アバス王家に反した最大反乱です。今回でも、失敗したが、反乱に参加したユダヤ人が少なかった。
878年:ダニエル エルコミセイ(daniel elkomisi)はイスラエルに戻ったカライでした。彼は他のユダヤ人をイスラエルに戻る事を進められた。彼らはエルサレム市に暮らして、崩れた神殿を悼んだ。彼の生徒は1099年まで、エルサレムに活動した。
同時に、トロン王家はイスラエルを征服した。彼ら、エジプト~支配したトルコ人でした。905年までした。
915年:サアデヤ ガオン(sadia gaon)がチベリヤ市にヘブライ語の最初の辞書をかく。
922年:今まで、各年の祭りの時間はイスラエルに決り、外国のユダヤ人に結論なしで従うが、今回バビロンの計算が違うでした。イスラエルのガオン、ラビアアロンベンメイル[rabi aaron ben meir]が反対したが、サアデヤ ガオンのおかげで、イスラエルはバビロンの計算に従うになった。
900-950年:チベリヤ市の賢老、モシェ ベン ナフタリ(moshe ben naftali)とアアロン ベン アシェル(aaron ben asher)は聖書のヘブライ語の正し発音を決めます。
945年:イクシデイ王家がイスラエルを征服した。969年まで支配した。彼らもエジプトルコ人でした。
960年:エルサレム市のガオン[賢老]はラビ アブラハム ベンアアロンン ベンメイル(rabi avraham ben aaron ben meir)でした。
976年:パルテエル(paltiel)がエルサレム市に死んだ。彼はファテイム王家の王、エルムエズ(el muiz)のために、イスラエル、シリヤ、エジプト、とイタリヤの管理者でした。
1025年:ファテイム王家はキリスト人を脅迫しながら、エルサレム市に大変なない戦争がある:キリスト人を支持するアラブ人はファテイムと戦いて、エルサレムのユダヤ人も損害されます:シェロモ ハコヘン ガオン ベン ヨセフ(shlomo hakohen bgaon ben yosef)が目撃でした:*その戦争が終わると、私たちはには何も残らない。空っぽイ、裸で、悲しくて、貧乏で、着る服もない*・
1026年アアロン ベン イェホシュア(aron ben yehoshua)はエルサレム市のカライです。
1068年:大地震はラムラ市おユダヤ人の多くの人が死ぬ。4年後、トルコマン人は町を再生した。
1090年:ラムラ市のガオンはアビトル ベン エリヤウ ハコヘン[rabi avitor ben eliyau hakohen]でした。
1092年:ハイファ市のユダヤ人が多くてので、ハイファ市のユダヤ人の裁判所は全てのガリルに一番大事になる。

十字軍の占有の時代(1099-1260)
1099年キリスト教十字軍がフランスとドイツから種発してエルサレム市を占有して、全国に多くのユダヤ人とアラブ人を虐殺した。そいうキリスト教の十字軍国が1185年と1244年の戦争で負けて消えた。その間でも、ユダヤ人がガリルのツファト市とアコ市やガザ市とアシュケロン市に暮らして、盛り上がった。有名なラビがいてた:ユダーハレビ様(yehuda halevi)、マィモン様とナックマン様(rabi maimon and rabi nachman)。1200年から多くのユダヤ人がイギリスとフランスから追放された。そのユダヤ人が他のヨロパのユダヤ人とともに、アコ市に住んだ。そいう有名なラビ達はタルウド(talmud)の本の専門でした。
たとえば、1211年にフランスから来たのシャンツのラビとロニルのヨナタンやパリのイェキエル
それから、オトマン帝国の占有まで、イスラエルのユダヤ人がマィモン様の息子達に管理された。
1099年:最初の十字軍戦争。です。まずヤフォ市の港を占有した、それからエルサレム市を占有して、3日間に全ての市民、ユダヤ人とアラブ人を虐殺した。後で、すべてのイスラエルとアコの港を占有して、1010まで国民を虐殺した。
1141年:ユダ ハレビ(yehuda halevi)はスペインからイスラエルに帰る。彼は有名な哲学者と詩人と医者でした。イスラエルに戻ったら、神様が世界を救うと言う信仰は彼に影響された。
153年1099年にイスラエルのいろいろ町から逃げたユダヤ人はアシュケロンにくらしたが。1153にアシュケロン市は十字軍に占有されますが、ユダヤ人が虐殺されないが,エルアリシュ(el arish)市に追放された。
1156年:追放されたアラブ人とユダヤ人はダマスコス市に移民する。
1166年:ラビ モシェ ベン マィモン(rabi moshe ben maimon)はへブロン市の祖先の墓所を訪問します。彼は有名な医者、哲学者でした。彼のミシュナの説明書 とモレーネボヒム(more nevochim)という本はユダヤ教学ととても大事な美術です。
1185年:アユブ王家が十字軍を戦争で勝って、エルサレム市を解放して、ユダヤ人が、とくにアシュケロン市のユダヤ人がエルサレム市に戻る。しかし、オリブ山はアラブ人の聖地になったから、それから19世紀まで、ユダヤ人は、オリブ山に墓をするために高いお金払った。
1205年:ラビ マィモンの死後、彼の息子アブラハムは中東のユダヤ人の導入者になった ナギド(nagid)。彼の家族は15世紀までナギドの任務をした。
1212年:300人ラビ達が西ヨロパからイスラエルのアコ市に帰る。その中にシャンツのシモン(shimon of shants)とルニルのヨンサタン(yonatan of lunil.
1219年:第5十字軍戦争でアラビ人がエルサレム市の大分を崩れます。多くのユダヤ人が逃げます。
1244年:ヒルビヤ戦争の性エルサレム市の市民がコレザム軍に虐殺された。
1258年:ラビ パリのイェヒエル(yechiel of pariz)はフランスからアコ市に帰る。1240年にフランスの王は裁判でユダヤ人とキリスト人の結論をさせた。その結論で、キリスト人は、タルムドは反キリスト教の本ので、禁止しますと認めた。だから、イェヒエルは、結論に参加した後、イスラエルに帰り。 彼の影響で、ラビ ヤアコブは諸国のユダヤ人に訪問の伝統を始めた。訪問する時に、イスラエルのユダヤ人のために寄付を集金して、イスラエルの様々な聖地と賢老の墓に訪問をさせた。そいう伝統は19世紀の終わりまで連続した。
マモロク帝国の占有時代(1260-1517)
1260年:バイベイリス(baiberes)王はモンゴル軍の攻撃を止まる後、全ての十字軍の城を崩れた。66年―68年、ヤフォ、ツファトの城。70年―76年にアシュケロンとケサリリャの城です。彼はイスラエルの港と浜地方を完全に廃棄したせい、沼だらけになった。マムロク帝国はエジプトとシリヤに中心したので、イスラエル国に郵便道を設立したが、その道に離れている町は廃棄された。
1266年:エルサレム市とへブロン市の聖地はユダヤの立入は禁止されます。
その時にエルサレムとへブロンの聖地の管理者はアラ ア デインでした。しかし彼の責任は実に管理者よりでしたので、その時代からオトマン帝国の時代の終わりまで、聖地の管理者[ワカフ]はエルサレムの本当の管理者でした。アでいんは1260-1294まで任務した。
1267年:聖書を説明したラビ、ラビ モシェ ベン ナクマン(rabi oshe ben nachman)はイスラエルに帰る。かれはエルサレム市のユダヤ人の生活を再生します:新教会を設立します。ナブロス市からトラの本が返した。その本はモンゴルの攻撃の時にユダヤ人に隠された。ラビ ナクマン達は崩れた石で教会を建てた。
1269年:ラビ シェロモ パテイト(rabi shlomo patit)がアコ市に帰る。
1260年からマンロク帝国に占有に変わった(mamluks.十字軍がイスラエルに戻らないために、全ての城市と港市を崩れた:ヤフォ、アコ、アシュケロン、チベリヤなど。
ガザの港だけを残した、全国は城と港なしになったので後にくるモンゴル帝国の攻撃にとても安全なかた。その間にエルサレム市のユダヤ人が増えて、迫害されたヨロパのユダヤ人の中でもどんどんイスラエルに帰った。
1291年:マモロクの王はアコ市を征服して、完全に崩れた。アコ市のユダヤ人がツファト、エルサレム、とガザ市に行く。アコ市が崩れてから、イスラエルのユダヤ人はエジプトにいるラビ モシェ ベン マィモン の家族に指導される。アコ市後、ハイファトアテリト、十字軍の最後の城は占有されます。
1300年:イスラエルは一旦的にモンゴル軍に征服されたが、今回モンゴル軍が虐殺しない。
1312年:シリヤとイスラエルの管理者はタンキズです。[tankiz]彼は王ととても仲良くしたので、エルサレム市に多くの学校と家を建てた。1340まで、エルサレム市の水血管の修理をしたので、市民の生活はかなりいいになった。1336年に大きい書店街を設立した。
1313年:ラビ イシュ トリ ハパルチ(rabi ashtori haparchi)はフランスからイスラエルに帰る。エルサレム市にマルセルのラビ ヨセフ(rabi yosef of marsel)に歓迎された。彼の有名な本*カフトル バペラク*(kaftor vaperach)にイスラエル国の地理と宗教の本でした。かれはベトーシャアン市に暮らした。1922年にエルサレムのラビバルク とベト シャアン のラビ マテテイヤウに本を確認さえてから発表した。
1333年:ラビ ヒロ(ischak chilo)はスペインのラリサ市からエルサレムに暮らして、イスラエルのユダヤ人に関して細かく書きます:ユダ地方で、エルサレムとへブロン以外に様々な村でユダヤ人がまだ暮らす。ヤフォとラムラ市でも多くのユダヤ人がいた。ナブロス市にも、ナブロスの辺りにもユダヤ人がいった。ガリル地方で、アコとハイファ市にもちろん、様々な村にユダヤ人がくらした。上ガリル地方でとても多くのユダヤ人が暮らした:チベリヤ市とッファト市、グシュ ハラブ[gush halav]メロン(meiron)とカデシュ(kadesh.エルサレムに多くのフランスのユダヤ人が暮らす。
1350年:ポランダのユダヤ人、 ベルシュテイン のラビ イツハク ハレビ(rabi itshak halevi of beilshtain)と生徒とエルサレム市に帰って、買った土地で、ユダヤ人の辺りになった。 
1376年:エルサレム市の管理責任はシリヤからエジプトに移動される。
400年:モンゴル帝国は中東に進んだので、多くのシリヤ人はイスラエルに逃げた。モンゴルは来なかった。アレポ市のユダヤ人も虐殺された。
1415年:第にダビド ナギド、ラビ マィモンの孫の孫の息子はシリヤのアレポ市に死からナギドの任務はラビ マィモンの関係ない人に任務される。「
1452年:マモロク王はユダヤ人とキリスト教人をシオン 山であるダビド王の墓に立入を禁止します。
1470年:ラビ サアデヤ アダニ[rabi saadia adani]はイェメンからイスラエルに帰って、ツファト市にくらした。

1474年:エルサレム市のユダヤ人の教会はアラブ人に崩れますので、ユダヤ人はシオ
ン山の教会に帰った。一年後マムロクの王の許可で再生します。再生のため、ユダヤ人はアラブ人から多くのお金を借りて、大変借金になった。
1479年:マモロク軍が弱くなったので、ベデイウイン(beduim)人がエルサレムを攻撃した。
1481年:ボーテラのメシュラム(meshulam of voltera)はイスラエルに訪問します。彼はガザとへブロンのユダヤ人に歓迎されます。彼の本で、イスラエルの様々な道にアラブ人の泥棒だらけので、安全で渡るために5000人がいると言った。
1488年:ベルトナのラビ オバデヤ(rabi ovadiya of bertuna)はイタリヤからエルサレム市に帰る。




オトマン帝国の占有時代(1517-1917)
1492年:スパインとポーチュガルのキリスト教人がユダヤ人を迫害します。キリスト教に変えないユダヤ人を追放します。多くのユダヤ人はオトマン帝国に歓迎されます。イスラエルに戻ったユダヤ人はエルサレム、へブロン、ガザ、とツファトに暮らした。
1502年:ラビ ショラル(itschak sholal)はイスラエル、エジプトとシリヤのユダヤ人の導入者になった。彼もエジプトに暮らした。彼のまえに、かれのおうじさん、ラビ ナタン ショラル(natan hakohen shalal)でした。
1513年:有名な科学者、ラビ アブラハム ゼクト(avraham zchut)はエルサレムに移民した。ゼクトのお陰でコロンブスはアメリカを発見した。
1516年:オトマン帝国はイスラエル、シリヤ、とエジプトを占有します。
オトマン帝国の王、スリマンはナギド、ユダヤ人の導入者の役を中止した。ラビ  ショラルは最後のナギドでした。
ラビ ビラブ(rabi Yaakov birav)はツファト市に暮らす。彼は、1546年まで多くの有名なラビ達の先生でした。
その時にエルサレムのユダヤ人の導入者はスファラデイムのラビ シュシャン(david shushan)とアシュケナジのラビ コロン(yosef kolon)でした。
1518年:ラビ メテラニ(rabi moshe metarani)はツファト市の大ラビになった。
1521年:モシェ バスラ はツファトに訪問します。彼はユダヤ人の生産業に感動した。得に織物の産業です。
1524年:ラビ カロ(rabi yosef karo)はツファト市で*シューハン アルク*(shulachan aruch)と言う大事な本を発表します。彼の本に三人の大事なラビ達の判断に従って決断しました、ラビ マィモン(1138-1204)、ラビ エルファシ(1013-1103)とラビ アシェル(1259-1327.それから、ユダヤ教の法律はその本に従う。
1534年:シオン山はユダヤ人とキリスト人とも聖地であるので、喧嘩した。アラブ人はあそこでイスラムの教会を建てって、ユダヤ人とキリスト人が立ち入り禁止にした。
1535年:ラビ エルカツ(rabi shlomo elkavats)はツファトに暮らす。彼はシャバトを歓迎しますの有名な歌を発表した。1584年の死後まで歌は全国民に人気になった。
1536年:ラビ カロはツファトの大ラビになった。1575年の死後ラビ メタラニ相続される。
1538年:ラビ ビラブは新ラビ達任務したので、エルサレム市のラビ達と喧嘩になった。カロ、メタラニ、ラビ サギス(rabi yosef sagis)、ラビシャロム、とラビ コードボ(rabi moshe kordovu)とラビ コリエル(rabi Israel koriel)は任務された。彼達は後から生徒達をラビに任務した。
1539年:オトマンの王、スリマン、はエルサレム市の守備壁を建てる。4000メテル長さ、34警備役、7問を建てた。それから、エルサレムは安全に生活できることになてきた。
1541年:ラビ ベン ハビブ(rabi levi ben haviv)が死んだ。彼は1525年からエルサレムのユダヤ人を導入し、ツファトのラビ ビラブと喧嘩した。ラビ カステロ(rabi moshe kashtero)は相続した。それからエルサレムのユダヤ人はツファトのラビ達に従った。
1542年:ツファトのラビ コードボはカバラ[kabala]と言うユダヤ教の秘密敵な知識の新やり方を教えます。
1555年:ラビ ナジャラ(israel najara)はツファトに生まれた。彼は有名な中東の歌の音楽を利用して、言葉は有名なお祈りを合わせた。1628年まで、ツファト、ガザ、とシリヤに暮らした。
1555年:イタリヤのアンコナ市でキリスト教に強迫になったユダヤ人は虐殺されたので、ドン ヨセフはアンコナの港に船を入れさせない。ラビ カロとラビ メテラニ は彼に応援します。
1564年:ドナ グラツヤ ナシ(dona gratsia nasi)はドン ヨセフと一緒にチベリヤ市を再生します。彼女はキリスト教に強迫された家族に生まれた。ポーチュガルでメンデスの家族と結婚、迫害からオトマン帝国に逃げた。お金持ちでしたので、多くのユダヤ人を奴隷さに解放して、キリスト人の迫害から多くのユダヤ人を助けた。彼女はチベリヤでイタリヤとスペインのユダヤ人を入れた。チベリヤにはユダヤ人だけが暮らした。
チベリヤ市はヨセフ ベン アデレトに管理された。彼はチベリヤの守備壁を建てた。
ドン ヨセフの企画はチベリヤでイスラエルの独立を再生にしました。オトマン帝国は一応応援しました。
1566年:ラビ ビダシュ(eliyau vidash)はツファトからへブロン市にカバラを教える。
1566年:ドン ヨセフはオトマン帝国の新王に地中海の12島の管理者にさせた。
1569年:ドン ヨセフ ナシ(don yosef nasi)はフランスとオトマン帝国の貿易の契約をさせます。契約はヘブライ語で書きました。
1570年:ラビ ロリャ(rabi itshak loriya)はツファトに来た。エルサレム市にアシュケナジ父とスファラデイ母に生まれ、エジプトの貿易税の管理者の家に暮らした
エジプトで、ラビ コリエルの生徒、ラビ アシュケナジ(rabi besalel ashkenazi)にカバラを勉強した。彼のカバラのやり方はラビ コードボのやり方より人気になった。
1570年オトマン帝国とヴェニスは戦争になったので、ドンヨセフの企画は廃棄された。
同時に、アラブ人はサムエルの墓をユダヤ人を禁止にした。ユダヤ人は、十字軍時代の終わりからその時まで毎年のシャブオト祭りをあそこにした。
1572年:ラビ ビタル(rabi haim vital)はラビ ロリャの死後、ロリャのカバラの新知識を発表した。ビタル はエルサレム、エジプト、とシリヤのユダヤ人にロリャの知識を1620年まで教えた。
1576年:オトマン帝国の最初の印刷屋はイスラエルのツファト市のユダヤ人に設立した。最初の本はラビ ヨム トブ[rabiyom tov tsahalon]の本でした。
1580年:ラビ メテラニの死後、ラビ ゲランテイ(moshe galanti)は1612までツファトの大ラビでした。
1586年:エルサレムのユダヤ人の教会はオトマン政府に閉じます。オトマンにとて、640年のオマルの法律に従う、ユダヤ人は新を教会を設立の権利はないなんです。
1589年:ラビ アダニ(rabi shlomo adani )はミシュナ(mishna)の6本の説明書を30年間で書きました。彼の家族は1571年にイェメンからツファトに来た。彼の父の知識は有名でした。彼はへブロン市に暮らした。
1600年:ラビ アズライ(avraham azaulai)はモロコからへブロンに来た。彼はエルサレムとガザにも暮らして、ラビ ロリャとラビ コードボのカバラを教えた。1643年に死んだ。
1603年:オトマン帝国はアラブ人家族、プロク家(proch)を管理者に任務します。1670年までエルサレムとナブロスを管理して、ユダヤ人を迫害した。プロク家はガザのラドアン家のアクマドに任務された。
1610年:レバノンの管理者、ファカルア デイン、は1633年までエルサレムまで管理します。
1621年:アブダラ、エルサレムの管理者の死後、息子ムハマドは1638年まで支配します。
1622年:ポランダの有名なラビ、ラビ ホロビツ[yeshayau halevi horovits]はエルサレムに来た。彼はエルサレムに大歓迎された。
1623年:ヤズルの戦争で、レバノンのファカルーアデインはガザのラドアン(raduan)家、エルサレムのプロク家とラジュン(lajun)のタラビ(tarabay)家に負ける。
1625年:ムハマド、エルサレムの管理者はユダヤ人の大事なラビを逮捕し、解放のためにエルサレムとラムラのユダヤ人のお金が取られます。その中にラビ ホロビツも逮捕された。それ後、彼は、ツファトとチベリヤに暮らして、カバラの本を書いた。彼は東ヨロパのユダヤ人に大き影響があった。
1640年:第二ラビ ゲランテイ(rabi moshe gelanti the second)は1689までエルサレムのユダヤ人を導入します。死後ラビ ヘズキャ(rabi hezkiya de silva)は相続した。
1657年:オトマン帝国はシリヤからのアラブ人家族をナブロス市移動します。その家族はナブロス、エルサレム、とガザを管理の任務されます:ジャラス家、タコン家、とニムリス家。
1658年:ラビ ハギズ[rabi Israel yaakob hagiz]はモロコからエルサレムに来た。彼はラビ ガランテイと一緒にエルサレムの*ベトーヤアコブの学校を設立した。彼は後でシャブタイ教(shabtai )に大反対した。
1660年:ガザの管理者はレバノンのデルズ人と戦う。その時にチベリヤ市は崩れて、ユダヤ人がツファトに逃げる。
1665年:シャブタイ ツビ(shabtai tsvi(1626-1674)は自分はメシハク[イスラエルを救出する王]と発表した。彼はその理由にトルコとギリシャのユダヤ人に追放された。彼はエジプトのユダヤ人の大長に気に入れたので、エルサレムに来た。エルサレムでガザのラビ ナタン[rabi natan of gaza]と会った。ラビ ナタンはシャブタイはメシアクと発表した。
シャブタイはイスラエルに人気になったが、エルサレムのラビ、ハギズとラビ ツマク[Yaakov tsemach]はシャブタイうお追放した。しかし彼はツファトトシリヤのユダヤ人に応援受けた。全世界に多くのユダヤ人はラビ ナタンの手紙を読んで、メシアクが来たと信じた。トルコでシャブタイの支持者と反対者は喧嘩した。トルコで彼は王に逮捕されたが、まだ皆が彼に信じた。1666年彼はポランダのカバラの専門者と会った、ラビ コヘン(nechamiya chohen)、コヘンは3日間シャブタイと結論して、シャブタイは嘘つきと発見した。しかし、支持者が危ないので、コヘンはイスラム教に変えて、王にシャブタイは反乱を計るといった。王はシャブタイをイスラム教に強迫した。それから、シャブタイ活動が消えた。それから、東ヨロパとイスラエルのユダヤ人はカバラの勉強を40歳前に禁止させた。1676年に謝罪の日に死んだ。
シャブタイ活動とユダヤ教の結論は18世紀の終わりまで連続した。
1677年:オトマン帝国はラジュンのタラビ家を追放し、シリヤのそれぞれの家族に管理者に任務します。
1689年:ラビ モシェ ハビブ(moshe haviv)はゲランテイの死後エルサレムの大ラビになった。
1700年:ポランダから1000人がエルサレムに来た。彼達のラビは、ラビ ユダ(yehuda segal)の信仰で、もしユダヤ人はイスラエルに戻ったら、メシアクが来ますと発表した。しかし、エルサレムに着数日後ラビ が急に死んだ。死ぬ前にラビ ナクマンの教会の近くの土地を買ったが、死後大きい借金がの残ったので、アラブ人はアシュケナジのユダヤ人をエルサレムに立入を禁止した。1816年にでけアシュケナジユダヤ人が全ての借金を返した。
1703年:ナキブ エル アシュラフ(ashraf)というイスラム教の預言者ムハマドの関係人たちはオトマン帝国を反乱して、2年間エルサレムを支配した。
1710年:エルサレムのイスラム教のオマル教会に犬が入ったから、アラブ人は全てのエルサレムの犬を虐殺した。多くの犬の死体が残ってたおで、ユダヤ人はアラブ人に死体を処分に強迫させた。
1713年:ラビ モシェ ハギズ(moshe hagiz)はシャブタイ活動と戦う。イスラエルに集金の途中で、アムステルダム市のユダヤ人のポ―チュガルとアシュケナジの結論で、ラビ ヒルシュ(tsvi hirsh)と一緒にシャブタイ活動の人、ラビ カユン[nechemiya chayunn]反対した。
1723年:オトマン帝国はガザの管理者、ラドアン家を追放して、シリヤ出身のタコン家を任務します。
1738年:ラビ モシェ ハギズはラビ ヒルシュの息子、ラビ アマダン(yaakov amadann)とシャブタイ活動の人、ラビ アイブシつ(yonatan aibshits)とラビ ルツァト(moshe lutsato)と戦った。ラビ ルツァとは1743年にアコ市に来た、3年後病気に死んだが、死後シャブタイの喧嘩が消えた、彼は、ハシヅト活動[hasidut]ハシヅトの反対活動、と後シオニサム活動にも大きい影響した。
1739年:ラビ ナクマン ホーデナ(rabi nachman of hordna)はハシヅト活動でした。彼はロシヤからチベリヤに来た。
1740年:ラビ アブラフヤ(haim abulafiya)はチベリヤ市を再生します。
ガリルの管理者、ダハルーエル オマル[dahar el omar]は彼を招待した。アブラフヤのおおじさんはチベリヤの最後のラビ。でした。ラビ アブラフヤは教会を再生した、商店街、温泉、と胡麻の産業も再生した。1744年までチベリヤに多くのユダヤ人を入れた。死後から息子gアチベリヤを導入した。
1742年:シリヤの管理者、スリマンはオマルを攻撃して、チベリヤを83日間攻撃したけど、ラマダン祭りの性で攻撃を辞めた。1743年にまた攻撃を始めたが、一か月後病気で死んだ。それから、オマルは半分独立にガリルを支配した。基本的に彼はレバノンの管理者でしたけど。
1743年:ラビ アタル(haim ben atar)はモロコからアコに来た。彼は後でチベリヤにとぺキインに暮らした。彼はラビ ヨセフ アズライ(yosef azulai) の先生でした。
1744年:ヤフォ市のユダヤ人の教会はアラブ人に取られる。
1755年:ラビ ヨセフ アズライはエルサレムにヨロパに集金します。彼は、ラビ アズライの孫でした。母はアシュケナジでした。ラビ アタルの死後、彼の先生はイェメンのラビ シャラビ(shalom sharavi)。彼達はへブロンとエルサレムにくらした。
1757年:オマルはアコとハイファを征服します。彼はその街の港と守備壁を強くした、アラブ人とユダヤ人を住む事をさせた。
1769年:オマルは独立を発表したエジプトを応援し、オトマン軍と戦う。
1770年:ラビ エルガジ(yom tov elgazi)はエルサレムとへブロンのために東ヨロパに集金します。1782年彼はエルサレムの大ラビになった。
1771年:エジプトの王、アリ ベイはシリヤを征服したが、彼の軍長,ダハブは裏切して、エジプトに戻った。アリ ベイはアコにオマルとロシヤ帝国の応援で、ヤフォとガザモ征服した。1773年にアリベイは死んだ。後でダハブもハイファまで占有したが、急に死んだ。1774年にロシヤとオトマンの戦争が終わったので、オマルは1人で残った。1775年にオトマン軍に殺された。それから、アコの管理者はアルバニヤからのアクマド エル ジャザル[achmad el jazar]でした。彼は1804年まで管理でした。彼の顧問者はシリアのユダヤ人、ハイム パーチ[rabi haim parchi]。ラビ パーチ は1819年まで顧問者と管理者でした。アコ市から全ての国を支配した。
1777年:ハシヅト活動の生徒はイスラエルに来た。その活動は、ラビ イスラエル バーシェム トブ(baal shem tov)(1698-1760)に誕生した。400人の生徒はチベリヤに暮らした。エルサレムに住むは禁止でしたとツファトに反ハシヅトの人がいたなんです。生徒お指揮者はラビ メンデル(menachem mendel of vitsbek)でした。彼はハシヅト活動の第三導入者でした。チベリヤに暮らして、全てのお金をチベリヤのために利用した。
1799年:フランス帝国の王、ナポレオン(napoleon bonapart)はエジプトとイスラエルを征服します。始めに彼は浜の町、ガザとヤフォ攻撃して、国民を虐殺した。だから、エルサレムの大ラビ、ラビ メユカス(meyuchas)安息日にも守備の仕事を許した。ナポレオンはエルサレムに行かないが、アコを攻撃します。アコの導入者、ラビ パーチ、は守備壁の後ろ他の壁を建てたので、フランス軍が壁を崩れたとまた守備壁を発見した。だから攻撃を辞めた。なぺレオンはユダヤ人の応援を受けたかったので、イスラエルにユダヤ人の独立を再生すると約束した。しかし、ヤフォ人の虐殺の後、パーチは信頼できなくて、無視した。パーチにイギリス帝国が応援した。イギリス軍が全てのナポレオンの船を崩れて、大型銃を盗んだ。ナポレオンはジャザルの軍隊をタボル山の戦争で完全優勝したけど、船なしとアコ市は克服できなくて、全ての戦争を辞めて1人でフランスに戻った。戦争後アラブ人はツファト市のユダヤ人の町を攻撃した。
1804年:ジャザルの死後、スリマンはアコの管理者になった。ラビ パーチはまだ顧問者でした。
1806年:スリマンの支配はファフォ、ガザ、とエルサレムまで伸ばします。1809年からシリヤも支配します。ナブロス市だけ克服しなかた。
1807年:スリマン、アコの管理者はアブーナブト(machmud abu nabut)をヤフォ市の管理者に任務します。アブ ナブトは1818年まで支配します。彼は守備壁、門、と大きいイスラム教の教会を建てた。建物の意思はケサリャとアシュケロンの遺跡から取った。
1808年:ラビ バジオ(haim bajio)はへブロン市に教会のために土地を買う。
1809年:ビルナ市のガオン(vilina’s  gaon)の生徒はイスラエルに来た。
彼達はハシヅト活動に反対した。1840年まで5000人位来た。イスラエルに彼達はペルシムと呼ばれた。1816年までにツファトとチベリヤに暮らした。
1811年:ラビ バジオはヘブロン市の旧市に800エケルを買う。
1816年:ラビ ツレフ(tsoref)はエルサレムのアラブ人に全ての者金を払ったので、アシュケナジはエルサレムに立入の禁止は廃棄されて、多くのユダヤ人はツファトとチベリヤからエルサレムに来る。それからエルサレムの人口にユダヤ人のほうが多かった。ペルシムはエルサレムに警備組と農業組を設立した。彼達はイスラエルに独立なユダヤ人の国を設立したかた。
1817年:ナブロス市のシリヤ出身の管理者家族はお互いに戦争して、スリマンのおかげで一応平和します。
1818年:アアロン メテロン[aaron metelon]はヤフォに暮らす。彼はエルサレムに行くユダヤ人のためにホ家を建てる。それから、ユダヤ人がヤフォに戻った。
1819年:スリマンの死後、次のアブダラはラビ パーチを暗殺した。パーチの弁護なしで、アブダラはツファトとチベリヤのユダヤ人のお金の全てを取った。パーチの時代に彼達は安いデイミ[dimi ]税という、638年からのオマル法律に決めたイスラエム教ではない人が払う税のこと、だからアブダラは30年間位の人数税を認めて、ユダヤ人の全てのお金、土、靴と服まで取った。その時に、ツファトの近くのエイン ザイチュン(ein zaitun)がユダヤ人に廃棄されて、アラブ人に取られた。その村は2000年間ぐらいユダヤ人の村でした。
1820年:ラビ アジモン(yeshayau ajmon)はヤフォに大きいホテルを買った。そのホテルはエルサレムに行くユダヤ人のために建てた。それから、毎月エルサレムからラビはヤフォに来た。17年後、彼は、ラビ マーゴザ(yehuda margoza)はヤフォの最初の大ラビになった。
1821年:ラビ パーチの兄弟はシリヤで軍隊を集まって、アブダラを攻撃します。14か月間アコを攻撃します。上兄弟が中毒された後攻撃を廃棄して、シリヤに戻った。その戦争と、アブダラの高い税のせいで、アコ市はほとんど廃棄されて、レバノンのベイルト市のほうが盛り上がる。
1825年:エルサレムのアラブ人は反アブダラの反乱をします。反乱は失敗します。
その年から、ロシヤ帝国は、ユダヤ人をキリスト教に強迫するために、軍入されます。そのことの結果は、多くのユダヤ人が軍隊の経験があった。それは20世紀に大事な事になり。
1831年:アブダラはナブロスの近くのサヌル城を征服します。レバノンのデルズ人の管理者、バシル、はレバノンもユダヤ人の兵隊を応援軍を利用します。
1832年:エジプトのイブラヒム パシャ(ibrahim pasha)はイスラエルとシリヤを征服します。多くのエジプト人はイスラエルに移民します、特にヤフォとハイファの間で。しかし、エジプトの管理者はユダヤ人とキリスト人を弁護し、外国の帝国と大使館と郵便局を設立した。しかも、道は安全になった。エジプトの軍は泥棒を消えた。
1834年:ナブロスの村から、エジプト軍に軍入しないアラブ人が反乱を始めた。彼達はエルサレム、へブロンとツファトまで暴力して、ユダヤ人とキリスト人を虐殺した。3か月後エジプトはアラブ人の反乱を消えった。多くの人を虐殺して、10000人を追放し、指揮者を死刑にした、アラブ人に銃を集めた。
ツファトのユダヤ人は6月に追放された後、7月にデルゾ人の応援で戻った。それから、パシャの許可で、ツファトのイスラエル ベクは15家族と一緒に農業村を設立した。その村は1841まで盛り上がったが、倒産した。
1836年:ポーランダのラビ、ラビ カリシェル(kalisher)はお金持ちユダヤ人にイスラエル国の土地を買う事を考える。1863年に発表した本で、イスラエルに独立なユダヤ人の国の設立を表す、その影響で多くのユダヤ人はイスラエルに来る。
1837年:大地震が起こった制、ツファトとチベリヤが崩れた。2000ユダヤ人死亡した。それから、多くのユダヤ人はガリルを廃棄して、エルサレムに来る。そろそろ、エルサレムの人口が多いすぎって、生活はもとより難しくなる。
1840年:反ユダヤ人のフランスの大使はシリヤで、ある死んだキリスト人はユダヤ人に殺されたと言う、多くのユダヤ人が逮捕と迫害される。
イギリスのユダヤ人、モンテフリ[moshe monfuri]とフランスのユダヤ人、ロチード「(rotchild)ものおかげで、フランスの嘘は発表されまして、シリヤの管理者は死刑、逮捕されたユダヤ人は解放された。フランスの嘘は、ユダヤ人はペサク祭りのパンを作るために、キリスト人の血がいると言いた。そいう嘘は12世紀~16世紀までヨロパに発明された、多くの無罪ユダヤ人が虐殺された。その話はイスラエルのアラブ人に大変影響された。それから、多くのアラブ人はユダヤ人が血を飲んでいるという嘘に信じる。
同時に、西ヨロパのユダヤ人は*全てのイスラエルは友達*というユダヤ人を弁護する組合を設立します。その組合は19世紀の終わりまで、イスラエルのユダy人に大変お世話になる。
1841年:ナブロスのアラブ人はサマリヤ人を迫害し、イスラム教に強迫する。エルサレムの大ラビ、ラビ ガギン(gagin)は応援して、サマリヤ人はユダヤ教の関係がある宗教ので、オマル法律により、生きる権利があると言って、アラブ人が脅迫を一応辞めた。それから、多くのサマリヤ人はイスラム教になる。
1842年:ラビ エルカライ(elkalai)は本を発表した。その本で、ユダヤ人早くイスラエルに戻らないといけない、ヘブライ語を話して、外国のユダヤ人のお金を銀行で集まって、イスラエルに土地を買う。その土地で産業と農業をします。彼の考えは多くのユダヤ人をヤフォ市に帰国を説得させます。彼と、前のカリシェルと後のビバス[bibas]の考えヘルゼルの本、*ユダヤ人の国*50前早いでした。
その年にエジプトの占有が終わったが、オトマンの占有が戻った。
そして、イスラエル ベク はエルサレムにヘブライ語の印刷屋を設立した。
1845年;イギリス帝国はアレクス フェイン(alecsander fin)をエルサレムに大使に任務した。彼はユダヤ人を応援して、アラブ人から弁護した。1862年までイスラエルにいった。
1849年:モンテフリはイスラエルのユダヤ人に応援します。1839年にガリルに怒った大地震に損害したユダヤ人に直接応援し、今度、ベト レヘムの(beit lechem)ラケルの墓(rachel)を修理した。
1851年:1816年にアシュケナジの借金を払ったユダヤ人、ラビ ツレフはアラブ人に暗殺された。
同時に、イギリスの大使、フェイン、はブどの畑を買って、ユダヤ人の農業村にします。あそこでユダヤ人の教会でも建立した。ケレム アブラハムと呼ばれた。それは、守備壁の外の最初の辺りでした。フェインがイギリスに戻る前ユダヤ人の農人に売った。
1852年:ラビ ビバスはブロンに暮らす。彼の考えにより、1825年に独立したギリシャみたい、イスラエルも独立する。ユダヤ人は科学と農業うお勉強して、銃で練習して、イスラエルに戻る。
1854年:ラビ ダビド ベン シモン(david ben shimon)はモロコから生徒とエルサレムに来る。
1855年:モンテフリはエルサレムに王麦と小麦のつぶす機会を建てて、ヤフォ市に畑を買った。その畑にドイツとアメリカからのキリスト人が借りたが、1858年にアラブ人虐殺された。
1856年:オトマン帝国はジャジヤ税[jaziya]を禁止します。その税は638年からユダヤ人とキリスト人が払った。税は一年間払イ、人数に従った。
1300年間のイスラムの占有で、その税は大変でしたが、外国のユダヤ人が応援した。しかし、税は禁止なると外国の応援はいらなくなる、ので、イスラエルのユダヤ人の生活は変わるしかない。
1857年:モンテフリのおかげ、エルサレムの守備壁の外の辺り、ミシュカノト シャハナニム(mishkanot shahananim)を設立した。
1859年:エジプトのスエツ溝の建立が始める、1869年まで。
1860年:ロシヤ帝国はエルサレムに訪問するロシヤ人のために大きい土地を、エルサレムの外に買う。そなに大きい守備壁の外である建物はユダヤ人の最初の外の辺りに安全を映った。
しかし、同時に、アシュケナジのヤリン(yehushua yalin)とスファラデイもイェフダ(shaul yehuda)は一緒にエルサレムの隣のアラブ人の村に畑を買ったけど、アラブ人の暴力で、上手く出来なくって、倒産して、アラブ人に取られる。
1863年;ヤフォ市のユダヤ人はアムザレグ[haim amzaleg]に導入される。同時にヘブライ語の最初の新聞は発売される。ツファトのイスラエル ベク 新聞を発表します。
1865年:エルサレムの外の第に辺りは設立される。マクネ イスラエル(machne Israel)は北アフリカのユダヤ人に暮らせられる。
1867年:ナクラト シブア[naclat shiva]は7人ユダヤ人にエルサレムの外で設立される。
その年に、オトマン帝国はオマル法の禁止、イスラム人が土地を買うか新し家を建てる禁止を廃棄する。しかし、帝国の国民だはない人は禁止でした。その違うは後で19世紀の終わりに大変影響があった。
その時に、ドイツ人が、オトマンの許可で、ヤフォとハイファに暮らす。
1870年:ミクベ イスラエル[mikve israel]、イスラエルの最初の農業学校はヤフォの隣に設立されます。
学校はカール ネテル[carl netrr]に設立されて上に、彼は学長でした、目的は、イスラエルのユダヤ人は自分で、寄付なしで、生活できるようにしたかった。
その学校後で、多くのユダヤ人は農業の練習をした。
1871年:ドイツ人はシャロナト井村を設立した。
1872年:ナクラト シブアの人達はイェリホ市(jeriko)の隣に土地買うとしたけど、オトマンは許可しない。
1873年:ベト ダビド[beit david]とイ辺りはエルサレムの外で設立された。
1874年:メア シェアリム[mea shearim]と言う辺りは設立される。



1517年にオトマン帝国がイスラエル国を占有した。始めに、ユダヤ人が盛り上がった:チベリヤ市はユダヤ人に再生した、ポーチュガルあら追放されたユダヤ人、ドンーヨセフーナせイはオトマン帝国にチベリヤ市の土地を買ってユダヤ人の町にした。ツファト市に多くのスペインのユダヤ人が集まって、カバラの本を書いて、ウルの作業で成功した。エルサレム市の守備壁が建てたのおかげで
エルサレム市の安全さが上がって、多くのユダヤ人が住んでいた。例えば、ラビハギズ(chagiz)様がエルサレムの有名なラビ。1655年に彼はシャブタイーツビ(shabati zvi)のうその預言者を追放した。その間から、エルサレム市の大ラビばリションーレシオン(rishon lezion)と呼ばれなした。
ツファト市に多くのスペインのユダヤ人が来た。その中に、ヨセフーカロ様、ユダヤ教の法律の大事な本:シューハンーアロク(shulchan aroch)を書いた。後はビラブ様、エルーカツ様とカバラの一番大事なラビ:ロリャ様。1576年に彼達は、中東の最初の印刷屋を設立した。
しかし、オトマン帝国はイスラエル国を様々なイスラム人に管理者にさせた。
ガザの市長がエルサレム市とナブロス市を支度したが北のガリルが
デルズ人(druze)に支度した。アラブ人とデルズ人が戦争を連続して、国民を無視した。
1650年からオトマン帝国は全てのアラブ人の管理者に変わりにシリヤ人の家族に責任を渡した。その間までにチベリヤ市はまた戦争で崩れた。

1770年ガリルのアラブ人、ダルーエルーオマル様とエジプトのアリ―ベイが帝国に反乱して、しばらく独立した。彼達はユダヤ人に大事にして、チベリヤ市とアコとハイファ市を再生を進められた。オマル様が直接アブーラフェヤ[rabi abulafia]をイスラエルに招待した、チベリヤ市にユダヤ人のために温泉と教会を設立した。5年後にオトマン帝国がロシヤのと一緒に前の状態を元に戻して占有を連続した。1798年フランス帝国のナポリオン様がイスラエル国に侵略したがユダヤ人の国家を再生すると発表した、けれど,アコ市を占有できなかたので、フランスに戻った。
アコの城の守備を指揮した人々はジャザル(achmad el jazar)せイドン市の管理者と彼のユダヤ人顧問者、パー (haim haparchi)パーチ様がガリルのユダヤ人を支持して、ヨロパから帰るユダヤ人を大歓迎でした。ジャザルと次のスリマンの後1819年にパーチは次の管理者アブダーラに暗殺された。アブダーラはツファト市のユダヤ人を全て逮捕した、高い罰金を受ける後だけ解放した。パーチの兄弟が仕返しのために軍隊を合わせて1821年からアブだーラの軍隊と戦いた。アコ市を14ヶ月巻き込めたけど上の兄が暗殺されたのでシリヤに戻った。
同時に多くの東ヨロパユダヤ人がイスラエルに戻って、エルサレム市のユダヤ人の人口がとても増えてきたのでヤフォの港市が再生された。
1832年エジプトがイスラエル国を占有して、多くのエジプト人が移民したが、エジプトの王、ムハマド―アリ様がアラブ人の反乱の時に迫害と虐殺されるユダヤ人を守る。シリヤに迫害されるユダヤ人も助けた。
1840年にオトマンの占有が戻ると外国の影響のおかげで、作業の革命がどんどん国に入れる、例えば、郵便客。
1877年にエルサレム市の守備壁の外に住みたかったユダヤ人がエジプト人の村の土地を買ってきた、現代のシオニザムというユダヤ人が独立を再生する考えを始める。
1882年から多くのユダヤ人、ロシヤ、ロマニヤとイェメンからイスラエルに帰って、買った土地に農業を進展した。そのユダヤ人が、イスラム人ではないので、土地を手に入れるできなかたので、沼だらけの土地しっか買うことできなかた。そのユダヤ人が必至に沼を乾かして、立派な畑を出来上がって、現在のシャロン地方の町を立ち上げた:ペタ―テクバ、ハデラとレホボトなど。
イギリス帝国の占有時代(1917-1948)
1914年の第一世界大戦争にユダヤ人がイギリス帝国を支持して、イギリス軍と一緒にオトマン軍と戦いたので、イギリス政府イギリスに支配されるイスラエルに、他の国民
を考慮とともに、独立なユダヤ人の国を進め事に約束した。
だが、1920年イギリスがヨーダン川の東側をアラブ人の他の国、ヨーダンにさせた。19201年にアラビ人が暴力で多くのユダヤ人を虐殺したからユダヤ人が自分の自衛隊を設立した。イギリスがユダヤ人の移民を少なくさせたが、多くのユダヤ人がポランダとドイツから帰って、農業と産業をとても成功させた。全国に新しい道を建てたので、産業と貿易が盛り上がった。ユダヤ人がテル―アビブ市を設立した。その街にユダヤ人がヘブライ語、ユダヤ人のお祈りと勉強の言語を日中の言語にもとに戻した。
1938年のアラブ人の大反乱までに、イスラエル国の中にユダヤ人がもすでに人口が多いなアラブ人より経済的にと社会的に強かった。
1939年から1945年までに第二世界大戦争で、ユダヤ人がイギリスと米軍を支持したがアラブ人ナチスドイツを支持した。しかし、イギリスの軍隊に参加しながら、イギリス人がヨロパから逃げるユダヤ人をイスラエルに入れさせなかたのせいで多くのユダヤ人が死んだ。戦争が終わったまで世界のユダヤ人の3分の1,600万人が虐殺された。
戦争の終わりにヨロパに生き残ったユダヤ人が全て避難になった。そのユダヤ人が家に戻る事できなっかた、大分のもとの家は他の人々に取られた。でもイギリスがアラブ人を怒るさせたくないので、ユダヤ人の移民を禁止した。その問題を解決のためにアメリカ、イギリス、ロシヤ と国連がイスラエルに両国、ユダヤ人とアラブ人の国を設立にする。
ユダヤ人が、早めにヨロパの生き残ったユダヤ人を助けるために賛成したがアラブ人が反対して、暴力を始めた。
1947年の12月から1948年の5月までイギリス軍が徹底した。ユダヤ人が始めにアラブ人の攻撃からユダヤ人の町だけを守備したが、アラブ諸国が侵略期待があったので、そのことまでに守備から攻撃に変わらなかたら勝つ事できないでした。だから、ユダヤ人の自衛隊がアラブ人の町を攻撃した、ハイファ、アコとヤフォを解放したがエルサレム都市へのみちがアラブ人に困れた、供給を移動できなくて、独立してから、東エルサレムがヨーダン軍に占有された。
1948514日ユダヤ人が独立を発表した。その次の日、アラブ人の諸国、エジプト、リビヤ、スダン、サウジ、イェメン、ヨーダン、シリヤ、イラク、とレバノンがイスラエルに侵略した。アラブ人お軍隊がとても大きかたが、1949年まで負けた。
エジプトがガザ市からテル―アビブまで攻撃したとともにユダ山系にヨーダン軍に会うとして、ネゲブ砂漠をイスラエルから取れるとしたがイスラエルがガザの軍隊をネゲブの軍隊を分かれて、イスラエルの中にあるエジプト軍隊を巻き込むとエジプトまで侵略した。
ヨーダンとイラク軍がエルサレムとサマリヤ地方を占有したが、イスラエルが全ての浜を持って、アラブ人を山系まで押した。エルサレムまでの道はラチュルン(latrun)から支配されたので、ヨーダン軍が強く守備したイスラエルお攻撃を止めた。
レバノン軍はイスラエルのガリル地方を侵略したが、イスラエル軍にどんどん後ろに抑えた。シリヤもヨーダン川の地方を攻撃したけどう、ユダヤ人が強く守備したので、全然進歩できなかた。
イスラエルを今度勝つ事できないと理解したから、アラブ人が1949年に戦争を辞めた。